流行ファッションにアンテナ立ててる?今年買っておきたいアイテム
SITE NAVI

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

基本的なスーツの選び方

最近ではクールビズやスーパークールビズに代表されるように、ビジネスシーンでのファッションも大きく変化してきました。
たしかに省エネなどのことを考えても、ネクタイを着用しないことなどにはそれなりのメリットがあるかもしれません。
しかしその一方で、着物やワンピース、スーツなどはふさわしいシーンには必要不可欠なある意味においては正装と言えますので、場面をしっかりと選ばなければなりません。
特に男性の場合にはスーツが必要なシーンがあります。
スーツと言ってもやはり流行の影響を受けますし、極端にファッション性を重視したものも販売されていますから、そのあたりには注意しながらふさわしいものを選択していかなければなりません。
実は日本人の場合はあまりスーツ選びが上手ではないという評判があるようです。
それはどのような意味でしょうか。
基本的に言ってスーツを上手に着こなすためには自分に合ったものを選ぶことが絶対条件となります。
しかしながら、高級ブランドなどにも言えることですが、既製品ではなかなか自分の体形にぴったりと合うものを選ぶことがむずかしいかもしれないのです。
ですから、可能であるならばフルオーダー、もしくはセミオーダーでスーツをつくると良いかもしれません。
もしも既製品を選ぶとしても、やはり極端に流行に左右されるのではなく、自分自身に合っているスタイルを選択することが大切になってくるでしょう。
最近ではダブルのスーツを見かける機会が少なくなってきましたが、もしかしたら体系的にダブルの方が似合っているかもしれません。
肩幅があってがっしりとした体系の場合にはダブルの方が力強い印象を与えることができるかもしれません。
ボタンの数に関しても、シングルの場合では2つか3つというところが主流になってくると思います。
少し前までは3つボタンが流行っていましたが、最近では再び2つボタンのものが多くなっているようです。
ボタンの数によっても与える印象が異なりますので、上手に選ぶことによって自分自身の魅力を引き立てることができるに違いありません。
スーツの背中には大抵の場合ベントと呼ばれる割れ目が入っています。
ベントのないタイプのものもありますが、動きにくいかもしれませんし、堅苦しい印象を与えてしまうかもしれません。
センターベントかサイドベンツが主流になってきますが、最近ではセンターベントが多くなっています。
基本的な点に注目してチョイスするだけで大きく印象が変わることがありますから注意して選びましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017流行ファッションにアンテナ立ててる?今年買っておきたいアイテム.All rights reserved.